コブラ情報 スピリチュアルな知識

シリアの重要性について

カバールの目的は、不安定と戦争が絶え間なく続くことによる人々の奴隷化です。
彼らは第二次世界大戦終了後の60~70年間に、地球を不安定化させるための潜在能力をずっとシリア、中東に確保してきたのです。

簡単に言うと、人々の支配と恐怖の創出はそのままアルコンのエネルギ源になります。
イスラエルはまさにその地域を二分するために作り出された国です。

闇の勢力についての詳細はこちら
準備中

ボルテックスの起源

シリアのボォルテックスは、アトランティス沈没の後に作られました。それから永い間、女神のエネルギーを保持し続けてきました。

シリアが重要な理由

シリア紛争の真のオカルト的原因は、シリアの女神のボルテックスを巡る争いなのです。そのボルテックスは、地球のエネルギーグリッドの中でも、最も重要な鍵となるエネルギーポイントの一つです。
ここが惑星上で最重要の女神ヴォルテックスです。女神のボルテックスを抑圧し、スピリチュアルな目覚めを妨げます。

そのエネルギーポイントを支配することは、地表のエネルギー・レイライン・システムの大半を支配するのとほぼ同じことです。

そのため、イエズス会が画策してDaeshダーイシュ(イスラム国)を作ったのです。

シリア北部は、ハラフ新石器時代文化の女神意識を上昇させることができる重要なエネルギーヴォルテックスの地域です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Halaf_culture

過去5500年に渡り、カバールはこのヴォルテックスの支配を手放しませんでした。

 シリアは古代の女神ヴォルテックスなので、アルコンが抑圧したがっています。現在ではエーテル的アルコンはそこから排除されたため、ヴォルテックスからは光が広がり始めました。

もう一つのシリアの特性として、大量の天然ガスが採れる東欧の近くに位置しているという点です。つまり、旧いエネルギー源ではありますが、世界の石油の運命を握っているということです。

他にもカバールが支配力を強く保っているのが、イスラエルのヴォルテックスです。こちらにはアトランティスへの光の重要コードが埋め込まれています。この地域はアトランティス沈没後最初に植民地化された場所で、ナトゥーフ文化の故郷です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Natufian_culture

シリアのペンタグラム(星形五角形)

シリアのエネルギーボルテックスは、実際はペンタグラムになっています。このペンタグラムが光の勢力の手にあれば、良き手段として利用できます。それは中東全域を変容させられるし、ポジティブな女性的エネルギーの巨大な伝達装置になり得ます。闇の勢力の手にあれば、この数年間、シリアの人々が経験してきたように、たくさんの苦しみを生じさせます。


シリアのペンタグラムの5点は、すべてシリアの主要都市になっています。シリアは過去の豊かな時代に、女神のエネルギーと強く結びついていました。

以下がその5地点です。アレッポ。女神の臨在感が強い都市です。

https://fromshamwithlove.wordpress.com/2015/03/05/from-jerusalem-to-aleppo-with-love/

ホムス。ユリア・ドムナの生誕地です。ユリア・ドムナは、ローマ宮廷に知恵をもたらそうとしたローマ皇妃です。

http://www.societyforthestudyofwomenphilosophers.org/Julia_Domna.html

http://www.twcenter.net/forums/showthread.php?677702-Julia-Domna

パルミラ。ローマ帝国の抑圧に対して反乱を指揮した女王、ゼノビアの生誕地です。

Zenobia – Wikipedia

ラッカ。ハラフ文化が生まれた地帯です。

Halaf culture – Wikipedia
en.wikipedia.org

マンビジ。シリアの豊饒の女神、アタルガティス崇拝の中心地でした。

Manbij – Wikipedia

シリアのペンタグラム回復に協力するよう促されていると思う人は、古代ハラフ文化の、この陶器が、シリアのペンタグラム全体を覆って――そこの女神ボルテックスを強化しながら、その地域からすべての闇を排除しながら――回転しているのを視覚化するとよいでしょう。

このハラフ文化の陶器は7,000年前に作られました。神聖幾何学のコードを含んでおり、女神の臨在を活性化して四方から闇を排除します。

ハラフ/ハッスーナ/サマッラ文化、アッカド帝国、2014年のイラクとシリアのイスラム国家の情勢を示す地図の比較

4,300年前、カバールのアヌンナキアルコン大君主らが、いわゆるアッカド帝国を創りました。

Akkadian Empire – Wikipediaen.wikipedia.org

アッカド帝国は極度に暴力的な社会で父系社会でした。非常に重要な女神エネルギーのボルテックスを抑え込むために創られました。この帝国は、その女神ボルテックスを7,000年以上昔に生み出したハラフ、ハッスーナ、サマッラ文化があった地域に創られたのです。(訳注:ハラフ、ハッスーナ、サマッラ文化では多数の母神像、女人土偶が出土している)。

Halaf culture – Wikipediaen.wikipedia.org
Hassuna culture – Wikipediaen.wikipedia.org

今、その同じアルコンが黒い貴族の家系に生まれており、恐怖の闇帝国を全く同じ地域に創ろうとしています。例の女神エネルギーのボルテックスをさらに抑圧するためです。
ハラフ/ハッスーナ/サマッラ文化の地図を、

アッカド帝国の地図と比べてみてはどうでしょう。

そしてイラクとシリアのイスラム国家の2014年6月の状況を示す地図とも。

面白いことに、ISIS過激派の侵攻はサマラの都市で始まりました。サマラは、例の女神のボルテックスの中心地で、アッバース朝の中心地でもあります。9世紀のアッバース朝は、秘密の白い貴族の家系と親類関係にあり、イスラム文化の黄金時代を生み、科学と芸術の偉大なる発展を遂げました。

The Abbasid CaliphateDid you know the “golden age” of Baghdad was during the 9th cnaptimewriter.blogspot.com

アルコン侵略についてはこちら

光のシンボルの悪用

アルコンは、かなり老練なオカルト信仰者です。彼らがしていることは、光のシンボルを奪ってマスメディアのプロパガンダに利用することです。そのシンボルから闇と苦痛と苦難を連想させ、女神のエネルギーを抑圧するように、人々を誘導するのです。このようにして彼らは、莫大な量の光が人々のマインドと心に流れ込むのを阻止するのです。彼らは同じようなことを繰り返し行いました。

666という数字

(かつては女神ヴィーナスの聖なる数、今は闇の勢力のシンボルとして大衆のマインドに刻まれています)

五芒星

(かつては女神ヴィーナスの聖なるシンボル、今は無学の大衆にとっては黒魔術のシンボル)

ルシファー

(かつては女神ヴィーナス-光の使者-明けの明星のシンボル、今は意識的でない人にとっては闇の勢力のリーダーのシンボル)

まんじ(卍)

(かつては精神的進化のシンボル、今はナチズムを連想させます)
そのあたりの事情をこの記事で読むことができます。

Reclaiming the Spiritual Symbols that Have Been Hijacked and Used Against UsAngela Pritchard, Guest Waking Times Spiritual symbols are powww.wakingtimes.com

アルコンは意図的にISISを、ジハード主義グループと、そのイスラム国家の名前として選びました。大衆のマインドの中で、アイシス(彼女は光の女神です)という名前が闇と恐怖に結びつくようにするためです。特に今は、私たちがIS:ISポータルを部分的に開放した後であり、2014年に女神がさらに大きく目覚める可能性を孕んでいるときです。従ってアイシスはカバールに友好的な女神ではなく、イルミナティーが彼女の美しいエネルギーを、自分たちの邪悪な目的のために利用しようとしているだけです。皮肉なことに、イルミナティーという名称は覚者という意味ですが、実際にはその人たちは真の精神的悟りとは最もかけ離れています。

立場を明確にします。アイシスはISISを支持していません。アイシスは平和を欲しているのです。そして平和になります。

ロシアとシリア

ネガティブな勢力が病院を攻撃したといえます。ロシアがやったと濡れ衣を着せようとしました。ロシアはやっていません。ロシア軍は、民間人の攻撃を厳格に禁止しています。ロシア軍は、イエズス会からの援助による傭兵である「テロリスト」と呼ばれるものの排除に100%注力しているのです。今回のことはすべてイエズス会がやったことなのです。米国、サウジアラビア、トルコのネガティブな軍の派閥は、シリアに重要なエネルギーの渦があるために、出来るだけシリアで苦痛を作りたいのです。

シリアの女神ボルテックスの強化

非常に簡単なテクニックです。このテクニックは、シリアの女神ボルテックス――アルコンが抑圧しようとしているボルテックス――を強化します。古代ハラフ文化の、この陶器が、シリアとイラク全体を覆って――そこの女神ボルテックスを強化しながら、その地域からすべての闇を排除しながら――回転しているのを視覚化します。

このハラフ文化の陶器は7,000年前に作られました。神聖幾何学のコードが組み込まれており、女神の臨在を活性化して四方から闇を排除します。

-コブラ情報, スピリチュアルな知識
-, ,

© 2021 光の帰還 Powered by AFFINGER5