コブラ情報 闇の勢力についての知識

性エネルギーの抑圧について

性エネルギーとは

性的エネルギーは、生命力そのものでもあります。

性的エネルギーの目的は、女性と男性の極性の統合です。それは不死とアセンションへの鍵です。
アセンションの一環としての性的統合は、女神の重要な秘技の一部です。

性エネルギーは愛の一つの側面です。
ハートのエネルギーとつながり、内なる導きに従い、それを表現することができます。

女神のエネルギーは美しさとセクシャリティーなどをもたらします。

女神ヴォルテクスはスターゲートを通じて、極性を統一し、ボルテックスの目の中でエネルギーとスターゲートを引き起こします。
女神ヴォルテクスは、統一をもたらし、修復をしてくれます。


女神についての詳細はこちら
準備中

性エネルギーの抑圧

アルコンはアトランティス時代の後期以降、人間の性的エネルギーを操って、出来る限りそれを切り離そうとしました。このアトランティス時代の初期的な乖離が、男女関係における誤解の原因です。

性エネルギーの抑圧は最も深刻です。この抑圧の目的は地表の人々を支配する為です。

ほとんどの場合、これが地球解放を遅らせている理由の一つです。 問題は、性的エネルギーについて洗脳されているとの認識が無いからです。

闇の勢力はポルノグラフィーやCM、映画、テレビドラマなどで人々の自然な性エネルギーを歪めています。アルコンはそれをプラズマ人工知能マトリックスに動力を供給するための発電機/電池として使っています。


女性のエネルギーは、戦争を引き起こすために抑圧されてきました。アルコンが女性を抑圧すると男性はフラストレーションがたまって、それをスポーツで発散しようとします。フラストレーションがさらに嵩じると、戦いになります。

このプログラミングによると「男はケダモノ」ですが、現実は「レプティリアンはケダモノ」なのです。人間の男性は、女性をレイプしたりしません。レプティリアンがやったのです。しかし、女性の意識は、人間の体内にいるレプティリアンと区別することができません。そして、信用しなくなります。70%の女性は、オーガズムを経験しません。

女性の性エネルギーは過去5,000年に渡って抑圧されてきました。地表の99.9%の女性は分離した、二人の人格を持っています。一人は内なるセルフ(自身)、もう一人は表に立って人目に立つ女性としてのセルフ。偽りの社会はこのようにして作られています。

非常に深層レベルのプログラミングです。そこには、クンダリーニエネルギーが抑圧されています。嘘をつくように学び、男性は混乱します。
ですので99%の男性は、女性が何を考えているのか全く分かりません。

女性は自分ではない人格を演じています。男性を混乱させます。それがアルコンの狙いです。


アルコンはカバールを操作しており、カバールメンバーの間での同性愛を推進する目論見をもっています。

というのも、男性カバールメンバーと女性の間の本物でポジティブな性的やり取りによってカバールメンバーが光を支援する存在に変えることができることをアルコンは熟知しているからです。

女性の性エネルギーの抑圧による社会のコントロール

社会をコントロールして遅延を生じさせる方法として最も効果的なのが、女性の性的エネルギーのコントロールです。
したがって、女性に性的な自由度を与えている文化圏が、最も進んでいるという結果になります

ある社会における女性の性的エネルギーをコントロールするもっとも効果的な方法は、その社会に臨界数のオリオン、ドラコ、レプティリアンの性犯罪者を送りこみ、野放しにしておくことです。

アルコンは、人類史で繰り返しこれをやってきました

これらの性犯罪者からのネガティブなマインドコントロールを受けた女性が臨界数に達すると、その社会の女性の潜在意識にパブロフの条件反射が生成されて、女神のエネルギーが効果的に排除されることになります。

このような社会では、女性は二面性のある生活を始めることになり、マトリックスからのチェックの視線から逃れたときだけ、自分のを表現します。
極端な例がサウジアラビアの社会です。

Six things women in Saudi Arabia still can’t doFirst licences issued for female drivers, but women still facwww.theweek.co.uk

女性は「良い娘」でいないといけません。だからそのものを隠します。尻軽女や娼婦と思われたくないからです。

(画像)良い娘は下品か上品か

アルコン侵略による女性の性への抑圧

第一回の5,000~6,000年前のクルガンアルコン侵攻と、第二回の1,600年前のハザール アルコン侵攻は、女性をターゲットとしていました。レイプ、抑圧と暴力、変態的行為をもってして、女性のエネルギーを歪めてきました。

第一回の5,000~6,000年前のクルガンアルコン侵攻

アルコンは5,000年以上前のクルガンアルコンの侵略中に、残虐な強姦を行って女性に深いトラウマを植え付けて、地球にいる女性の性的エネルギーを暴力的に抑圧しました。

クルガン仮説 – Wikipediaja.wikipedia.org

タイトル未設定webruhan.files.wordpress.com


これは女性が一人で歩くと危ないと言われていることや、男性をケダモノとして恐れていることの主な原因となっています。

第二回の1,600年前のハザール アルコン侵攻


ハートと性の間にエネルギーが流れたら、女性はそのエネルギーを使って男性を癒すことができます。男性の、戦いによるトラウマを癒すことができます。
紀元前3000年 から300 年までの期間には、女性は女神の寺院で性的なヒーラーとして自己表現することができました。

The Sacred ProstituteProstitution Like the devadasis of Hindu temples,hobbithills.blogspot.com

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Embrace.jpg


女性が性エネルギーを流すための、多くの女神の神殿がありました。上級巫女と王の交わりによって、王は至高の英雄の原型となり、女神は社会を平定しました。その後、4世紀のカザリアンクルガン侵攻によって、この伝統を無残にも終わらせて、女性に対する性的抑圧を更に推進しました。中世になって、異端審問を行って多くの女性を火あぶりの刑に処してしまいました。

この伝統は滅ぼされました。ローマ帝国が滅びた原因でもあります。(より高いレベルの)第三のローマとそこから1500年後を比べてみてください。
このトラウマを使ったプログラミングは、過去5000年間進行中で、惑星の女性精神に深い傷跡を創出しました。女神の破壊、女神の巫女を抑圧するローマカトリックの暗黒時代、神殿の破壊、巫女の殺害、そして現代の女性への抑圧は今でも続いています。人間社会がかつてと同じ進化を達成するためには、1500年もの年月が必要でした。

男性は女性からの愛を受けないから攻撃的になるのです。


アルコンについて詳しくはこちら
準備中

アルコン侵攻について詳しくはこちら

神聖な合体の分裂

神聖な合体とは、ソウルメイトとツインソウルのスピリチュアル体、メンタル体、感情体、エーテル体、プラズマ体、肉体の統合です。
(翻訳記事)
https://note.com/nogi1111/n/n97b51642877d

5千年以上前のアルコンのクルガン侵略以来、アルコンはエーテル・スカラー技術とプラズマスカラー技術を使用して、神聖な合体を分裂させています。こういった分裂が、愛の関係における感情問題の最大の原因です。

アルコンは次に、その分裂をもたらすサイキックのエネルギーを採取して、ハッサーナ・サマラ ボルテックスに注入しています。それによって、その地域を戦争状態とすることによって、積極的に抑圧しています。


アルコンの第一の手口は、既存の関係を分裂させて、対人関係自体も工作するものです。

第二の手口は、カップルの一人を入れ替えて、もう一人に対して大きな感情的な痛みを与えるものです。

第三の手口は、独占欲を出させて嫉妬による感情的な争いをつくることです。


第四の手口は、孤立させるスカラーのフィールドを使って、お互いの関係を割くことです。


第五の方法は、女性を肉体的に受け身にすることで、男性に対して肉体的なアプローチは絶対にできないようにさせることです。


第六の方法は、男性を感情的に受け身にすることです。


第七の方法は、ツインソウルの幻想を作って、自分のいまのパートナーに理想像を投影するものです。

詳細はこちら

インプラントによる性エネルギーの抑圧と男女の分離

男女の分離の原因になっているインプラント

アルコンらは、愛とセクシュアリティの分離など、男女それぞれに異なるインプラントを施して心理的な分裂と男女の人格を乖離させました
男性と女性の対立の基本となっているプログラミングが、全ての戦争の原因です。

男性と女性は、正反対の内容でプログラミングされています。これは、男女間の物質面とエネルギー面での分離を促します。

プログラミング内容

このプログラミングによると、男性と女性が一緒にいると、彼らは現実を別の視点でとらえるので、両者はつながりません。

男女がそれぞれの性別の観点からお互いを見ることで、完全な誤解が生まれます。男性の理解とは別の方向に、女性は理解します。

加えて、男女共にハートから流れてくる性的エネルギーとのつながりを遮断するインプラントが埋め込まれており、それは乖離と対立を最大化するような真反対の性質を生成するインプラントです。


女性はツインソウルか、ツインソウルの幻想とだけしか性エネルギーを感じない一方、男性はどの女性とでも性エネルギーを感じるようになっています。

もう一つは、感情の2つの側面です。男性と女性が繋がる時、お互いを自分の所有物とみなし始めます。

インプラントによる女性へのプログラミング

女性はツインソウルとの繋がりを継続する特殊な方法でインプラントを施されました。

このインプラントはツインソウル以外のすべての男性との性的関係を抑圧するものです。これによって、女性は一夫一婦制を条件づけられて、自分の片割れであるツインソウルを自分の現在のパートナーに投影している状態を作り出したのです。

男性が他の女性を見ていると、女性は潜在的に憤りを感じます。

女性はセックスの無い愛を許容するプログラムインプラントされました。

多くの条件が適合する特別の状況が生じた場合にのみ、性的エネルギーを自分の愛と融合させることを許容します。

女性は感情やハートのエネルギーを感じることができますが、性のエネルギーを感じられません
女性がハートのレベルで他人とつながりを持つことはできても、性のレベルでつながることが難しいのです。

女性インプラントは構造上、特定の方法でツインソウル、ソウルメイトを探して、他人にツインソウル、ソウルメイトの一面を投影します。

このプログラムはここ10年の間に更新され、ハリウッド映画にプログラムされ、意識を調整し、支配力を作り出されます。女性を支配しやすくするためです。

女性は完璧な男性を求めて探し回ります。そしてカバールがソウルメイトの出会いをかき乱すことで邪魔をします。女性は見つけた相手がソウルメイトだと予想するので、緊張や争いの原因になります。

インプラントによる男性へのプログラミング

男性は、ツインソウルとの繋がりをブロックされるようなインプラントを施されました。

このインプラントは、他の女性達との性的な関係を許容するものです。男性が多数の女性との関係をもつことでツインソウルとの繋がりを否定して避ける傾向にあることになり、それによって男性達を一夫多妻に駆り立てます。

男性は、愛のないセックスのみを許容するプログラムをインプラントされました。

多くの条件が適合する特別の状況が生じた場合にのみ、男性は心を許して、愛のエネルギーを自分の性的欲求と融合させることを許容します。

男性は女性のプログラミングとは逆です。男性も二人の人格を持っています。

男性は自分の感情を感じたり、泣いたりすることが難しいのです。
男性はどの女性とでも、性エネルギーを感じるようになっています。その辺を歩いていても、多くの女性に性的魅力を感じます。

女性の鍵

性の解放

男女の分離の解消の為の女性の鍵は、女性の性の解放です

5000年前に始まったインプラントと虐待のために、女性は性的表現ができなくなっているので、それを解消する必要があります。
自分のエネルギーを回復してください。過去に受けたトラウマのヒーリングをしてください。このヒーリングの旅は、自身の気づきがあるうえで、感情の中で起こります。

マトリックスを壊す必要があります。女性は自身のパワーを取り戻すべきです。性エネルギーを受け入れてください。女性は性エネルギーを感じ、性的な場面でもハートのエネルギーと繋ぐ必要があります。
性エネルギーを表現するためには、自ら決断する必要があります。
女性の性の解放が、社会の変容、平和のための鍵です。

大事なのは、女性が自身の「性的セルフ」を認識することです。そして、そのことについての意識的な決意をすることです。

ハートと性のエネルギーを統合させた女神の巫女は、この惑星の戦争を止めることができます。

社会を癒すために、地球の女性達の中の最覚醒層がハートと性のエネルギーを結合させていることが鍵です。

プログラミングの解放の方法

他人にツインソウル、ソウルメイトの一面を投影するプログラムを壊す鍵は、男性をありのままに認識することです。
女性は男性との繋がりを回復すべきです。相手にソウルメイトを投影するのを止めましょう。クンダリーニ・エネルギーを起こしましょう。そのエネルギーをありのまま表現しましょう。

相手をソウルメイトとして彼を見るのではなく。そして彼がそれに気づくと、魔法のようなことが起きて、真実の魂の繋がりが始まります。

男性の鍵

ハートのエネルギーを受け入れる

男女の分離の解消の為の男性の鍵は、自分のハートを感じることと、信頼することです。

男性は、ハートのエネルギーを受け入れてください。男性は、クンダリーニのエネルギーハートに向けて上昇させる必要があります。
心のこもった性エネルギーと繋がる必要があります

男性は性的なフラストレーションをため込んできました。そのエネルギーを、争い以外のやり方で使う必要があります。

男性はいつの時代でも、戦争に駆り立てられていたのは、戦争で死ねばあの世で72人の処女が待っているという約束を信じていたからでした。

感情の解放

男性にとっての大事な事は、自身の抑えつけられた感情を感じる事です。


男性は感情を抑圧するように訓練を受けてきました。そして弱さを見せないように、強くなる必要があるのだと教育を受けてきました。

男性が弱みを感じ取ると、それを隠そうとして抑圧しようとします。アルコンはこのエネルギーを使って戦争や虐殺を作り出します。弱みを見せられないのだから、与えられた命令を完璧に遂行しないといけないということになってしまうのです。

男女間の鍵

男女の真正な交わりによる、性とハートの結合が鍵です。

ゴールはプログラミングを越えて、心のこもった性エネルギーと繋がることです。

そのような社会の解放の鍵となるのは、その社会にいる最も高度な女性が、官能的で性的な女神のエネルギーを徐々に表現し始めることです。

男女のつながりに、誠実さを持ちましょう。

女性同士でお喋りしている時には、一定の話し方があります。もしそこへ男性が現れれば、彼女たちは話題を変えます。正直になれないのです。 男性も同じです。女性が正直に男性と話せば、その人間関係は癒されるでしょう。逆も然りです。
本物の、誠実なコミュニケーションというものは勇気が要りますが、それは社会を癒します。


アルコンは人格と生物学的領域に私たちを繋ぎとめることによって、分離を作り出しています(私達は人格という存在であって、血縁関係だけが家族だという考え)。これは社会の分離も作り出します。皆さんが魂のレベルで繋がり始めれば、社会に争いは存在しなくなります。

魂はソウルパートナー同士でつながります。これは、別の場所で起こっています。

ハイヤーセルフと繋がれば、魂のレベルで他人を認識することができます。そのため、特に男性性と女性性のプログラミングに関係しているインプラントを取り除く必要があります。これらのインプラントはおへその上にあり、男性性と女性性の対立プログラムを生成しています。

同性愛について

これにはたくさんの異なる要因があります。

ある人たちは、魂の愛に基づいて同性愛の関係を結んでいる可能性があり、何ら悪いことではありません。

そしてまた、大勢の人たちが、アルコンによって同性愛を人工的に条件づけられている場合もあります。

魂の愛に基づいた同性愛

同じ極性の二つの魂、例えば二人の男性が、魂のレベルで結ばれているのなら、健全な(性)関係をもつ可能性はあります。
それもまた、セクシュアルな関係で表現され得るものです。同性愛に関してはたくさんの要素が組み合わさっています。

圧倒的多数のケースとして、宇宙的元型の男性性と女性性という両極性があります。ですので健全な男女関係が成り立ちます。

プログラミングによる同性愛

セクシュアルエネルギーがトラウマを負わされていたり、健全な男女関係の中で表現できなかったりすると、このような形で表れるかもしれないからです。

アルコンは、男性性と女性性の健全な両極性を妨げたいからです。ですのでカバールメンバーの中で、同性愛的行為がたくさんなされています。そうするようマインドプログラムをして、彼らが男女間で健全なパートナー関係を結べないようにしているのです。

アルコンはカバールを操作しており、カバールメンバーの間での同性愛を推進する目論見をもっています。というのも、男性カバールメンバーと女性の間の本物でポジティブな性的やり取りによってカバールメンバーが光を支援する存在に変えることができることをアルコンは熟知しているからで

例えば、あるカバールメンバーが女性と健全な関係にあるならば、彼はもはやカバールメンバーではないでしょう。なぜならカバールメンバーでいたくないでしょうから。


-コブラ情報, 闇の勢力についての知識

© 2021 光の帰還 Powered by AFFINGER5