コブラ情報 闇の勢力についての知識

黒貴族について

これらの情報はCOBRAからの情報を基にしています。

黒貴族とは

黒貴族とは特定の血統に転生した存在で、アルコンファミリーと同じ由来であり、同じグループです。アンドロメダのネガティブな派閥から来ています。

アルコンファミリーは物質界非物質界にいて、物質界にいる者は特定の血統に転生する傾向があります。そのファミリーのほとんどはイタリアに集中していて、とりわけ札付きのカバール・ネットワーク階層の上位にいて、アルコンはカバールのネットワークを支配していて、その血統のなかにはローマ帝国につながる者もいて、さらにさかのぼると、古代エジプトにつながる遺伝血統につながる証もあります。基本的に同じファミリーがアトランティスを支配していて、いわゆるアトランティスの黒魔術師たちでした。

アルコンについてはこちら

黒貴族は、イエズス会がつくったいわゆるギリシャ・フラティニティを介して人間社会の上層部の8割をコントロールしているのです。

Since 1825http://en.wikipedia.org/wiki/Luigi_Fortis Starting 9 Yearscontinuingcounterreformation.blogspot.com

主要アルコンである黒い貴族の家系のうち、依然として注意が必要なのは、ファルネーゼ家、オルシーニ家、Aldobrandini(アルドブランディーニ?)家、キージ家です。(2014年1月12日日曜日 アルコン追放の最新情報の時点

王室と黒貴族の関係

王室(ロイヤルファミリー)には、カバールと強く繋がっているファミリーと、あまり強く繋がっていないファミリーがあり、国によってまちまちです。オランダの王室の場合、たくさんのファミリーメンバーがカバールと強く繋がっており、実際にヨーロッパの黒い貴族の一部です

支配構造

黒い貴族のアルコンがイエズス会マルタ騎士団を支配し、イエズス会マルタ騎士団ロスチャイルドを支配し、ロスチャイルドがイスラエル、米国、英国、トルコ、カタール、サウジアラビア内の、ハザリアン・ネットワークに枝分かれしています。様々な派閥があり、その同盟関係は変わります。キメラとアルコンはトップにいてすべてを支配しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20180927191840.png


マルタ騎士団を直接支配している主な勢力は、パッラヴィチーニ家、オルトラーニ家、スペインのフアン・カルロス前国王などの旧欧州黒貴族系のアルコンです。

黒貴族はマルタ騎士団を通じてネガティブな軍部をコントロールしています。
https://note.mu/embed/notes/n4ff16e65730b

黒貴族は、コロンブス騎士団を通じてネガティブな警察をコントロールしていますし、政党を二極化させています。https://note.mu/embed/notes/nfd4603fc4e9c

もし右翼と左翼が同じ鳥の羽だと知ったらどうしますか

黒い貴族はイエズス会を通じて社会組織をコントロールしています。
https://note.mu/embed/notes/n51dc2d204d29

黒い貴族はマフィア一族を通じてビジネス活動をコントロールしています。
Made Men of RomeThe Italian Mafia have been plotting a take over in the Uniteahuwahzeus583992924.wordpress.com


以下で正確に説明されているように、これらの血筋は地上を効果的にコントロールするためのネットワークを形成しています。

https://note.mu/embed/notes/n6feb674d4aaf

アルコンは黒い貴族やイエズス会を通してこの惑星を支配しています。

https://www.oevento.pt/2017/04/17/arcontes/embed/#?secret=It5nucTQ5G

黒貴族がやっている事の一例

黒貴族の多くは、児童虐待の中心的場所となっている、地上に近い、巨大な地下室と広大な地下トンネルネットワークを有しています。(2018/09/26 状況報告の時点)

黒貴族は、アドレノクロム(アドレナリン酸化物)を製造するために、黒海とカスピ海の間に位置するネガティブなカザリアン・ボルテックスを利用しています。

黒貴族家はイエズス会と関係があり、女神エネルギーにアレルギー反応を示します。彼らは惑星の地表から女神エネルギーを消し去りたいと思っていて、これまでにたびたびそれを試みてきました。パッラヴィチーニ家、オルシーニ家、マッシーモ家、ボルゲーゼ家、アルドブランディーニ家、コロンナ家、パチェッリ家、オデスカルキ家、オルトラーニ家、ルッツァーティ家はアルコンから直接の命を受けていて、女神に対する陰謀の核をなしています。彼らは光を広げ、共感や受容性、創造性、愛などの女性性の本質を支援しようとする白貴族家にオカルト戦争を仕掛けています。


注意:リンク先に閲覧注意の画像・動画があります。
The Horrible Truth About a Drug Called ‘Adrenochrome’ — Extracted from the Blood of Tortured and Sacrificed Children

指向性エネルギー兵器による攻撃を行っている、黒い貴族とアルコンファミリーの関与が暴露されています。
https://note.mu/embed/notes/n847c84a1aaf0

金融

黒い貴族とイエズス会は、借金バブルの拡大を推奨しており、システム崩壊に向けての世界経済を慎重にかじ取りしています。これによって自分たちに権力を集中させて、人々の金銭を完全に自分たちの手中に収める国際集中デジタル金融システムを導入するためです。

https://note.com/nogi1111/n/n4ef9030d6793

ここで理解していただきたいのは、世界の金融政策はFEDではなくて国際決済銀行(BIS)を通じて牛耳るもので、BISをコントロールしているのはトルロニア黒貴族です。

偽旗作戦

一例
2015年11月13日のパリ同時多発テロ事件は黒貴族たちが画策しました。

パリ同時多発テロ事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AA%E5%90%8C%E6%99%82%E5%A4%9A%E7%99%BA%E3%83%86%E3%83%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6

これはオカルト戦争の一部であり、エネルギーグリッドを分断し、さらなる恐怖を植え付けるためのものでした。パリは女神の、特に女神イシスの重要なエネルギー・ボルテックスとして知られています。

シリアの状況について

シリアの状況が発生しているのは、魂のつながりを妨害する、アルコングリッドがシリアに存在するというオカルト的理由によるものです。地球上のこの地に、25,000年前に設定されました。光の勢力はこのグリッドの除去を開始し、アルコンがそれに気づくとレッドアラートが発令されました。アルコンはイタリアの黒い貴族に接触し→イエズス会→マルタ騎士団→ドナルド・トランプ、そして戦争が始まりました。シリアとイラク間のハッスーナ・サマッラのヴォルテックスはポータルであり、魂のつながりが生まれます。

シリアについて詳しくはこちら
準備中

女性から女性らしさを無くす

女性らしさを失って、女性の性力を無くすために、女性がわきの下や陰毛の剃毛のためにメディアを使って数十年間にわたりキャンペーン行ってきました。

https://note.com/nogi1111/n/n1e9a696a6cad

わきの下や陰毛は、イエズス会や黒貴族が根源的な女性のパワーを破壊しようとしている点と関係しています。

また、女性ホルモンのバランスを崩すために、有害な衛生用製品の使用を強制しています。

https://note.mu/embed/notes/n1e9a696a6cad

https://note.mu/embed/notes/nd469de2f4a5fhttps://note.mu/embed/notes/n235fe9147605


純粋で歪みのない活力のある電気的な男性的なエネルギーと、純粋で歪みの無い思慮深い磁力的な女性的なエネルギーは、地球解放に必要なのです。

純粋で電気的な活力のある男性的なエネルギーは、トールの金づち(Hammer of Thor)に必要な要素です。純粋で磁力的で受容力のある女性的なエネルギーは、イベント時の接触の受け皿(コンタクトディッシュ)の共鳴場を作ります。

それらが相まって、聖杯ができます。

それらが一体となって、ソウルファミリーのマンダラが形成されます。

https://note.mu/embed/notes/n2f48cffa4fc8

黒貴族内部の派閥

2020/03/16 終盤戦のシナリオから引用

中国でのコロナウイルス感染拡大が封じ込められた後、闇の勢力はイタリアのコドーニョで遺伝子を改変した新たなウイルスを散布しました。コドーニョは、多くの黒い貴族が何世紀にもわたって支配してきたピアチェンツァから10キロ圏内です。


これらの黒い貴族とは、スコッティ、パラヴィチーニ、スフォルツァ、ファルネーゼ、ブルボン、ハプスブルグです。

ピアチェンツァ – Wikipedia

イタリアでのウイルス感染拡大は、黒い貴族の2派閥間の内部抗争が外部的に顕出したものです。


その2派閥の一つが経済崩壊を目論んでウイルスを散布しました。いまのところかなり成功しているようです。

“Total F**king Carnage” – Global Liquidation Accelerates Despite Massive Monetary Intervention

欧州全域へのウイルス拡散につながった重大な出来事は、2月25日のローマでの欧州閣僚会議における当黒貴族の命令に基づくイタリア国境の非封鎖決定です。

国境を閉鎖しないことで、まずは欧州にウイルスが拡散されて、いま世界中に拡散されました。
イタリア型ウイルス種が欧州および全世界に拡散したことで、大規模な検疫隔離へとつながりました。

Europe edging towards total coronavirus lockdownA continent of shuttered shops and locked doors; European natwww.aljazeera.com

金融について

2019年12月18日水曜日 金融システムに関する更新から引用

金融システムについては、舞台裏で様々なことが起きています。黒貴族の内部で、今後の計画の方針についての意見が分かれています。


黒い貴族のある派閥の希望は、レポ市場を介して現在の金融システムを早期に崩壊させて、IMFを中心とする暗号金融システムに置き換えるというもの。その暗号金融システムとは、スマホ決済により人々の挙動を監視し、社会信用評価システムにより各人を評価するというものです。


JPモルガンとドイツ銀行の両行は、来るべく金融危機で主要な役割をはたします。この派閥は、IMFとECBの政策も支持しており、クリスティーヌ・ラガルドが中心人物です。

クリスティーヌ・ラガルド – Wikipedia

9月16日には、ドイツ銀行はJPモルガンが率いる世界ブロックチェーンネットワークに加盟しました。

Deutsche Bank Joins Blockchain Network Led by JPMorgan

この派閥は現時点で、次の一手への準備は完了したと考えており、同日にレポ市場に大規模な異常を発生させました。JPモルガンがその異常を更に拡大させて、他銀行の流動性を低下させました。

Was The September Repo Spike An Anomaly?

9月から12月にかけて、この派閥は計画を実行していました。

Largest Number of Banks to Join J.P. Morgan Interbank Information Network | J.P. Morgan

本システムの評価試験が、今月中国で開始されます。

China’s Central Bank to Lead Real-World Pilot of Digital Yuan: Report

Digital yuan tsar gives green light for tourists to go cashless in China

本計画は、レポ市場を介して現在の金融システムをクラッシュさせて、年内に新システムを導入しようとするものでした。

WARNING: Viewer discretion is advised!

本計画は先週崩壊が始まりました。 別の黒い貴族による行動があったからです。

こちらの派閥は、現在の中央銀行の借金奴隷システムを支持しているので、システム崩壊を望まずFEDを支持しています。


この派閥は、次の記事を公表しました。

“It’s About To Get Very Bad” – Repo Market Legend Predicts Market Crash In Days

この記事はレポ市場の状況を一般人に認識させることとなり、FEDは自らが介入しなければ金融システムは新年に崩壊すると気づきました。FEDによる反応は巨大かつ迅速でした。FEDはここ数週間で5000億ドルもの流動性を金融システムに注入する計画です。

“Massive… Huge… Largest Ever”: Fed Will Flood Market With Gargantuan $500 Billion In Liquidity To Avoid Year-End Repo Crisis

これによって状況は落ち着きを見せました。強烈なクラッシュを目論んでいる黒い貴族の第一派閥は、いまや力を失いつつあります。

主要な黒貴族家

https://mirrorsoftruth1.blogspot.com/

セオドリ家

セオドシウスは、主要な黒貴族家のセオドリ家として知られるセオドシウス血族に属しています。

https://note.com/nogi1111/n/n48c4d216460c

セオドシウス1世は391年に女神の神秘の破壊を命じたアルコンでした。

オルシーニ(ウルサス)家

オルシーニ家は、レプタリアン種族と非常に強い繋がりがあり、物質的アルコンと非物質的アルコンの、主なつなぎ役となっています。レプタリアン種族とローマカトリック教会との間の条約を作ったのは、この連中です。ずっと昔、彼らの主要ポータルは、ピティリアーノの地下トンネルにありました。そのトンネルシステムは、オルヴィエートまでずっと続き、オルヴィエートの地下室にヴァチカンのゴールドを貯蔵していました。オルシーニ家は、2010年5月の光の勢力の大作戦で、大きく力を失いました。ミッション・ブルー・シールドと名付けられた作戦です。

オルシーニ家は2010年に大敗北し、ある情報源によればオルシーニが敗北の報復としてISISアスタラを殺害したとしています。
オルシーニ家は女神のエネルギーに強烈に対抗しており、それがポジティブな薔薇の姉妹団の強い影響を受けて女神の神秘を推進する前の薔薇十字団に侵入した理由です。

https://note.com/nogi1111/n/na446ba6500a9

化学の結婚 – Wikipediaja.wikipedia.org

オルシーニは、そのローゼンバーグ支部を中心として薔薇十字団を支配し、ネガティブなSOTRのコピーを数世紀前に立ち上げました。こちらのグループは、女性のイルミナティの組員から構成されており、ポジティブな女神の巫女に対して黒魔術を使ってオカルト的な儀式を行っています。

THE FEMALE ILLUMINATI HOME PAGEMICHAEL TSARION’S FEMALE ILLUMINATI WEBSITE AND PROGRAMwww.femaleilluminati.com

ペペ・オルシーニは裏社会最強の男でしたが、今は違います。

リュブリャナとスロベニアの他の一部地域とイタリアの一部を支配している黒貴族は、オルシーニ家です。


Orsini and Rosenberg Alchemical Crime SocietyThe Orsini family of Rome, Orsini-Rosenberg family of Austriaweb.archive.org

スフォルツァ家

女神のエネルギーに対してネガティブな女性の原型を用いている有名な黒貴族は、スフォルツァ家です。

ファルネーゼ家

ファルネーゼ家はイタリアの黒い貴族の中でも特に強い権力を持った家です。

イエズス会は16世紀にファルネーゼ家によって作られた組織です。

http://z10.invisionfree.com/The_Ucontinuingcounterreformation.blogspot.com

ファルネーゼ家はカバールの主立った策士で、ボルハ家の助けを少し借りて、イエズス会を創始しました。1540年のことです。その直後、ローマに近いカプラローラに、最初のペンタゴン式宮殿を建設しました。

内部には「地図の部屋」があり、16世紀、17世紀の世界の運命を描いていました。

16世紀の地図に、南極大陸があることは興味をひかれるところです。正式には1770年に「発見された」のですから。その頃、ファルネーゼ家は次のことを決断していました。イエズス会士アダム・ワイスハウプト(ヴァイスハウプト)を使い、イルミナティを創設し、ロスチャイルド家に権力を与え、ファルネーゼ家の権力の座をワシントンDC.に移すことです。彼らはそこに、2番目のペンタゴンを建てました。ラリー・ファルネーゼ上院議員が、その家系から出ていることも面白いところです。

キージ家


キージ家はイエズス会のための銀行家で、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行を支配しています。この銀行は現行のイエズス会支配の銀行システムの中でも最重要な銀行の一つです。シエーナの主要な黒い貴族、キージ家によって管理されています。

また、東方連合はイエズス会の経済的策略を邪魔するため、モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行を攻撃したとのことです。金融に関する連中の陰謀を食い止めました。


アルドブランディーニ家

アルドブランディーニ家には、数百万年前にソースから分離する経験を選択した、もともとのグループのメンバーがいます。彼らの所有物には、秘密の書があり、アトランティスの存在について、そしてアトランティスのミステリースクールの儀式が断片的に書かれてあります。この家系は、女神のエネルギーの重要性に気づいています。この家系については、ある事実があり、イベント後に公にされます。多くの人を驚かせることでしょう。

こうした家系はすべて急速に力を失いつつあり、カバールも何世紀にもわたる背後からの支えを失いつつあります。それに加え、カバールは今これを恐れています。

https://etheric.com/g2-cloud-likely-contain-star-increased-chance-core-explosion/

アリストクラツィア・ネラ

黒い貴族(アリストクラツィア・ネラ)についてはこちらで説明されています。

https://note.mu/embed/notes/nd7c716542a48

ティッセン家

有力な黒い貴族家の一つ、ティッセン家が暴かれました。

http://www.whatdoesitmean.com/index1892.htm

http://www.ascensionwithearth.com/2015/07/prince-harry-royal-blood-royal-nazi.html

これが理由で、カバール組織の中にいる多くの人が、現在の文明の終わりに備えたり、シェルターを建たりしているのです。

マーサー家

バチカン、マルタ騎士団、他の秘密組織や黒い貴族を実質的に支配している、特定のアルコンファミリーが、物質界にいます。あまり知られていないマーサー家は、医薬品製造業を支配しています。さらに、ドナルド・トランプの選挙中に暗躍していたケンブリッジ・アナリティカ社を支配し、偽情報で工作活動をしています。

マッシーモ(マキシマス)家


Massimo Mafia of LondonThe Massimo family of Rome are the owners of the Clerkenltvfye.blogspot.com

ブレークスピア(ランセロッティ)家

マカオは、黒い貴族とイエズス会が中国を操るための拠点です。ヘンリー・ブレイクスピア――主要アルコンの血脈の頭――はマカオに住んでいます。

コローナ(コラム)家


ボルジア(ボルハ)家


パラヴィシーニ(パラティーノ)家


トルロニア家

国際決済銀行を管理しています。

BISは、中央銀行の中央銀行であって、トルロニア家という黒い貴族の家系に牛耳られています。彼らは、そのコントロールを手放しません。一定の暴露と一定の気づきがあれば、手放さざるを得なくなるでしょう。

ここで理解していただきたいのは、世界の金融政策はFEDではなくて国際決済銀行(BIS)を通じて牛耳るもので、BISをコントロールしているのはトルロニア黒貴族です。

彼らの新たなグリーン暗号通貨による金融システムの記事はこちらにあります。

https://note.com/nogi1111/n/n77a5eb243a33

ガエターニ家

ニューヨークのマフィアの5つのファミリーと、黒い貴族の商人ギルド家であるメーサー家を通じてドナルド・トランプの門番でありハンドラーとなっています。

Mercer family front groups attack universal healthcare bill in New York StateRight-wing front groups attacking a universal healthcare billnews.littlesis.org

Billionaire Trump backer Robert Mercer ‘funded group behind anti-Muslim election ads’The adverts appeared on Facebook and Googlewww.independent.co.uk

Worshipful Company of Mercers – Wikipediaen.wikipedia.org

Lifting the lid on the liveriesFor centuries, the City of London’s ancient livery companieswww.telegraph.co.uk

黒貴族、アルコンファミリーへの光の存在の転生

ロレーヌ十字の一つのメッセージは、カバールの計画に反して、陰に日に、光のために働いている光の存在者たちが、あらゆるアルコンや黒い貴族の家に転生しているということです。


一例として、コロンナ家という有名なアルコンの家柄に生まれた、フランチェスコ・コロンナがあげられます。彼の興味深い小説『ポリフィーロの夢』には、コード化されたメッセージが含まれていますが、人々を目覚めさせるよう、星の同胞団に導かれたものです。

-コブラ情報, 闇の勢力についての知識
-, , ,

© 2021 光の帰還 Powered by AFFINGER5